2014.05.19

    after GW

    ブログをご覧の皆様、GWはどう過ごされましたか?
    私は年甲斐もなく某アイドルグループの写メ会や握手会、
    某テレビ局での女子アナのサイン会、
    そして高校生の時から聴き続けている日本ロック界のカリスマ氏のライブと
    いつになく予定がびっしり入っていて、楽しいゴールデンウイークを過ごせました。
    その反動もあるのでしょうか、新入社員でもないのに五月病になりそうな末端社員Kです。


    さて、そのロック界のカリスマ氏ですが、実は今年に入って産まれて初めてライブに行きました。
    全てにおいてオーラがあり、改めて魅力を再認識している所なんですが、
    中でも一番印象に残っているのは「ステージング」です。
    動き一つ一つが様になっていてカッコよく決まっていて、
    歌声だけでなく全身で世界感を表現できるのは流石だな、と思いました。
    体調管理も含めて常日頃から見られる事を意識してるのだと思います。


    で、今回紹介するのは ブレードケース です。
    ブレードケース

    カッコよく仕上げを決めるためには下地処理は重要ですよね。
    実は以前(2013年2月)にも紹介しましたが、
    接合部をピン止めに変更しましたので耐久性も向上しております。
    刃先を守ってパテベラを大切にしようという意識もキレイな下地を作る一歩だと思います。
    この機会に一度試してもらえれば幸いです。
    DSC_0115.jpgDSC_0116.jpg
    ※パテベラも弊社フラットパテベラ*右は太グリップタイプがおススメです。


    と、言いつつ写メ会の画像を見て
    あまりにも様になってないポーズの自分にガッカリしてます。
    日頃被写体になる意識が一切なかったからですよね…
    スポンサーサイト